石橋工務店の屋根工事 ~屋根重ね葺き~

2019/04/26 ブログ
海老名市 重ね葺き

海老名市で屋根の重ね葺き工事をしました。

重ね葺きとは、現在の屋根材の上から新しい屋根材を施工する、屋根リフォーム工事の事を指し、 カバー工法等とも呼ばれています。

カバー工法は、廃材が出ないため、屋根材の撤去・処分費用がかからず安価で済みます。

また、屋根材撤去の工程が省略される分、工期も短縮できるため、急ぎで直して欲しい場合やできるだけ費用をおさえたい場合には向いていると言えます。

 

今回は、重ね葺きの施工手順をご紹介します

 

 

➀まずは棟を撤去します。                     

②次に防水シートを貼り付けます。

③そして新しい屋根材と貫板を取り付けます。

④最後に棟板金を取り付け完成です。

 

屋根のカバー工法は、既存屋根材が腐る前でないと施工が出来ません。既存屋根材が腐ってしまっては「葺き替え」という道しか残されていません。「まだ大丈夫だろう」と思っていらっしゃるお客様も、一度お声がけください。